メインイメージ画像

通販ではコンタクトを格安購入できますが定期的な受診も重要です

コンタクトとは、接触するという意味があります。コンタクトはその名の通り、眼鏡と違って角膜に接触させて着用するものです。眼鏡のようにレンズとの間に距離がないので、自分の目の一部のように使うことができます。また、眼鏡と比べて視野が広く、自然な見え方になります。さらに、蒸気によって曇ったりすることもありません。スポーツの激しい動きによってズレたりする心配もないので、安心です。一方、眼鏡はコンタクトのような自然な見え方にはなりませんが、コンタクトのように就寝時の外し忘れなどの心配がなく、長時間の着用によって目が痛くなることもありません。また、眼鏡1つによって印象が大きく変わるので、ファッションの一部として楽しむこともできます。このようにコンタクトと眼鏡には、それぞれメリットとデメリットがあります。

コンタクトは大きく分けて、ソフトタイプのコンタクトと、ハードタイプのコンタクトの2種類があります。遠視や近視、乱視用などの違いもあるほかにも、レンズが含んでいる水分の量や、使用できる期間もさまざまです。使用期間は主に、1デー、2ウィーク、1マンスが広く使用されています。1デーは、ソフトコンタクトの中でも薄く、装着時の違和感がほとんどありません。初心者にはとくにおすすめですが、毎日着用するとなると、金銭的にかなり負担がかかってしまいます。2ウィークコンタクトは、1デーのコンタクトと比較して、酸素透過率が高く、渇きにくくなっています。これはシリコーンハイドロゲル素材を使っている商品がたくさんあるからです。1デーのコンタクトを購入して、毎日着用した場合と比較すると、1カ月のコンタクト代を半分以下に抑えることもできます。ただし、1デーのコンタクトより固めの素材なため、着用時の違和感があることもあります。また、洗浄液を使用して、毎日丁寧に手入れをすることが重要です。これを怠ってしまうと雑菌が増えて、深刻な目のトラブルを引き起こすこともあります。1マンスとなると、同じコンタクトを使いつづける期間がさらに長くなるので、より丁寧な手入れが必要となります。

通販サイトでは、このようにハードコンタクトと比べて割高なソフトコンタクトを、格安で購入することができます。眼科医による診察を受ける必要もありません。また、会員登録することで、面倒な手間がなく定期的にコンタクトを購入することができるというメリットがあります。しかし、コンタクトの着用は少なからず目に負担がかかり、保存方法が悪かったり、使い捨てのコンタクトを長期間着用しつづけたりすると、視力が低下するなどのトラブルが起こる可能性があります。そういった目のトラブルを防ぐためにも、通販で購入する場合でも、定期的に眼科を受診するようにすることが大切です。

通販などで安く手に入れることができるようになったとはいえ、コンタクトを定期的に購入しつづけようと思うと、経済的に負担となってしまいます。コンタクトや眼鏡の代金も、条件によっては、医療費控除の対象となる場合があります。まずはコンタクトや眼鏡の使用が医療目的であることです。医療目的と認められる場合は、目や視力の病気を治療するために眼鏡やコンタクトを作成したときに限られ、一般的な視力矯正の場合はあてはまりません。特定の病気とは、弱視や斜視、角膜炎や白内障といったものがあります。眼科で治療を受けた際に、これらの治療のために処方箋に従って眼鏡やコンタクトを作成すると、医療費の控除の対象となります。またその全額が医療費控除の対象となるわけではなく、10万円を超えた金額のみが適用となります。15万円で購入した場合、医療費控除の対象となるのは5万円のみです。こういった条件にあてはまった場合に限って、確定申告によって眼鏡やコンタクトを作成するのにかかった費用を申告することで、控除を受けることができるのです。

更新情報